TopLogo

« 2008年05月 | メイン | 2008年07月 »

2008年06月 アーカイブ

2008年06月05日

COLLEZIONE DI 3200GT

MASERATISTAの間では有名なWEB ''Enrico's Maserati Page"

彼は熱狂的なGhibli乗りで、イタリアに限らず世界中のMASERATISTAと親交があり、そのやりとりの内容がWEBにULされるので非常に興味深い。
私も一度だけお会いしたことがあり、連絡を取り合って仲良くさせて頂いているが、今回面白い記事がULされたので紹介してみたい。(実は、イタリアMCJツアーでダニエレ邸を訪れていたとき、偶然彼に電話がかかってきた!なんて偶然!!)

現在、MCJでもオーナーが多い3200GT、このカラーコレクションがULされた。これがなかなか面白い。
http://www.maserati-alfieri.co.uk/alfieri06.htm
同じような色でも微妙に異なっていたり、色によって印象が変わったり、PCのカラーコンフィギュレーターでは再現できない写真の良さがある。3200GTってこんなに色が多彩なんですね。

そのDeanのコレクション、ほとんど揃っているがいくつかのカラーは未だ手にしてない様子。その中にVerde Mexico, Bianco Birdcageがある、この色、私も大好きなのですがメンバーにオーナーがいらっしゃいましたね。ちょっと送ってみようかな・・・
また後に報告します。

2008年06月10日

Maserati in 56 Coppa Intereuropa Autostoriche



先週末は久方ぶりにVia per Il Tridenteが行われ皆激走?されたよう。
実は私、前々回の優勝なんです!(Neptune像、持ち帰りました)


さて話はタイトルに戻り、先週末Autodromo Nazionale Monzaで行われた56 Coppa Intereuropa Autostoricheを観戦してきました。

Maseratistaな私の目的は300Sと250SI!
300Sは、オーナーに伺うと、現役当時はCunninghamが操ったという素晴らしいヒストリーを持つ一台で、イギリスを中心に年間数レースを楽しんでいるよう。




もう一台の250SIは私自身、何回か目にしている個体。
しかし、今回もオーナーにはあえず・・・ この250SI、結構速くていつもShell Historic Challenge, LeMansなどで大活躍しています。




そしてもう1台、思いも寄らずサプライズが!
4月末、Touring Superlegegraから発表されたBellaggioがパドック横に停まっていたのです。
中も見せてもらうと内装は全てバンブー、竹なんですね。とてもクールで、今のところ10-25台くらい生産したいということでした。

追伸
最近、私ばかり投稿していますので、皆さんどんどん投稿、およびコメントください。
トラブル、ミーティング、相談、些細なこと、小さなことでも何でも結構です。

2008年06月11日

250F driven by Martin Brundle



JM FangioによってFormula1を制覇した唯一のMaserati、それが250F。
その250FをMartin BrundleがSilverstoneを豪快にドライブ!

必見です!

2008年06月12日

12 Via per Il Tridente

6/8(日)に12回目のVia per Il Tridente(タイムラリー)が行われました。

エントリーは11台でしたが、前日までのリタイヤ及び当日リタイヤが続出して
完走僅か4台というサバイバルレースとなりました。
皆様お疲れ様でした。

詳細はMonthly等でレポート予定です。

small_DSC_0094.jpg

small_DSC_0081.jpg

ゴールは山梨県の湯村温泉にある常磐ホテルでした。

2008年06月15日

International Maserati Rallye 2008

020100920001b.jpg

ヨーロッパ各国のMaserati Clubが毎年持ち回りで主催する最大のイベント、International Maserati Rallye 2008
今年はドイツ、ドレスデンで9月4-7日に行われます。
興味のある方は如何ですか?

以下、Maserati Clubサイトより転載

International Maserati Rallye 2008
4th- 7th September
Dresden is located at the Elbe river in Eastern Germany and is, as one of the most beautiful cities of our country, part of the UNESCO Heritage. The landmark of Dresden is the “Chapel of the Ladies” which was rebuilt after the 1945 bombardments with international support as a symbol for freedom and tolerance. Beside that, Dresden offers numerous sightseeing highlights such as the world-famous Zwinger museum with its great Old Masters’ Picture Gallery including Raffael’s Sistine Madonna, the Green Vault, one of Europe’s most splendid treasury museums, the Semper Opera house and many more. The DMC offers all their guests a Sighting Tour in the city of Dresden on the 4th September. Furthermore, the DMC is pleased to invite all owners of the 3500 Vignale Spyder and the great A6G-2000 as a special highlight within this event. We are trying to gather the largest number worldwide of this important models for this weekend. Central point for this event is the Hotel WESTIN BELLEVUE (www.westin.com/bellevue), which is located directly on the Elbe river opposite of the old town of Dresden. Download here the detailled programme and subscription form.

パンフレットはこちら

2008年06月24日

Maserati Quattroporte, a second Masterpiece.



Quattroporteがマイナーチェンジしましたね。GranTurismo風フェイスに生まれ変わりました。
いかがですか?


以下、Maserati.comより転載

Maserati Quattroporte, the model which created the category of ''Luxury Sports Sedan'', can be considered something of a Maserati masterpiece.

After five years of success, with more than 15 000 cars delivered and 46 international awards, the Quattroporte is now being presented with a new look and new technical solutions.

Thanks to Pininfarina’s unrivalled and skilful hand, the Maserati Quattroporte is being refined in a fresher and more modern way, yet always mindful of the class, glamour and exclusivity which characterise the Maserati Quattroporte’s style.

The personality and glamour of the Maserati flagship are now represented by two products: the Quattroporte and the Quattroporte S. The former is fitted with the familiar 4.2 litre 400 Hp V8 engine, while the latter adopts the new 4.7 litre 430 Hp V8 recently introduced on the GranTurismo S, with a different specification. Both cars have the 6-speed automatic transmission developed in association with ZF.

The main styling changes are to the most recognisable features. First of all the front, where the new grille, with its vertical slats, is reminiscent of the GranTurismo.
The front and rear light units are also updated, featuring LEDs. On the side, the under-door moulding is more noticeable, with a line that runs into that of the new bumpers, which have a wider protective band and more pronounced rear styling.
The door mirrors are also new, with a more dynamic shape and a more streamlined mounting to the door.

The interior has a new central console; the controls are grouped more closely together for even more convenient operation.

The car’s range of navigation systems is also fully updated, now comprising the New Maserati Multimedia System.

Two new shades of leather, Marrone Corniola and Sabbia, replacing the beige which was previously in the range, debut on the Quattroporte S and Quattroporte respectively.

The new Quattroporte and Quattroporte S will be on sale from September. However, they will be presented to customers and Maserati lovers in different locations all over the world from July onwards.

About 2008年06月

2008年06月にブログ「Maserati Club of Japan Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年05月です。

次のアーカイブは2008年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34